防犯パトロールに参加!

Posted on Posted in 活動報告

県内の犯罪認知件数は、平成14年に19万件で戦後最悪を記録。
県では、「安全・安心のまちづくり」を県政の最重要課題に位置付け。
「警察官等の1500人増員」
(警察官850人、交番相談員550人、くらし安全指導員100人)を実施。
平成17年4月「犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例」を制定し、
県民総ぐるみの犯罪活動を展開した結果、
県内に1500を超えるボランティアの自主防犯活動団体が組織化され、
実に15万8000人もの方々が活動されています。
多くの県民の皆さんのご協力により、
昨年1年間の犯罪認知の件数は11万2000件と、
この5年間で約7万8000件、4割も減少させることができました!
安全で安心して暮らせる地域社会は、すべての政策の基本です。
今後も防犯パトロールに参加し、地域の実情を県政に反映していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です