神奈川県内で水揚げされた水産物の放射性物質の検査結果について

Posted on Posted in 視察報告

 
皆さまから問い合わせの多い神奈川県内で水揚げされた水産物の放射性物質について、県が4月に検査を実施した結果をお知らせします。
いずれも定量限界値未満で食品衛生法上の規格基準の範囲内であり、食べても健康に影響を与えるものではないとされます。

     

       水産物の種類(生産地等)             検査結果
                        < 放射性セシウム[Bq(ベクレル)/kg)]>
                            セシウム134   セシウム137
     カサゴ 新安浦港(横須賀市)        不検出     不検出    採取日:4月9日
                             (5.3未満)   (4.8未満)
     シロギス 新安浦港(横須賀市)       不検出     不検出     採取日:4月9日
                             (5.5未満)   (5.1未満)  
     コウイカ 新安浦港(横須賀市)       不検出     不検出     採取日:4月9日 
                             (5.5未満)   (5.2未満)  
     ヒジキ(生) 葉山港(葉山町)        不検出     不検出     採取日:4月8日
                             (0.94未満)   (0.81未満)
 
    ※ 検査機関:財団法人日本分析センター
      
      表中の「(数値)未満」は、放射性物質濃度が当該数値で表される定量限界値(検知が可能
      な最低値)に満たないことです。
     
     
      【参考】
       ○食品衛生法上の食品中の放射性物質の規格基準
        放射性セシウム(一般食品)  100Bq/kg

  
              問い合わせ先
               神奈川県食の安全・安心推進会議
                神奈川県環境農政局水・緑部水産課 
                        電話 045-210-4531(ダイヤルイン)

        その他にも県のホームページに情報が掲載されていますのでご覧下さい。
      

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です