逗子葉山だいすきマップ 近藤だいすけが生まれ育った逗子葉山の魅力を紹介します!

7月
02日

逗子市に続き、葉山町の森戸、一色海水浴場が先週末に海開きとなりました。

明日には長者ヶ崎、大浜海水浴場も海開きとなります。

7月2日に海開き式典が森戸海岸にて行なわれました。

初めに葉山町長が挨拶。

IMG_20160702_100143

「砂浜を素肌で感じ、気づかいを行動で示し、葉山の海を敬おう」をスローガンとし、誰もが安心して楽しめる安全な海水浴場を目指すとの決意表明がありました。

葉山町も逗子市と同等レベルの厳しい条例を定めており、海水浴場のマナー向上をはかっています。

葉山町のルール
  1. 入れ墨・タトゥー等の露出は控えてくだい
  2. スピーカー等を使用して、大きな音又は音声を流すことは控えてください
  3. 遊泳区域周辺では火気禁止No Fire
  4. ゴミはご自宅までお持ち帰りください
  5. 飲みすぎない 騒ぎすぎない

昨年、逗子市、葉山町、鎌倉市は協同で「SMART BEACH PROJECT」を立ち上げました。

これは「誰もが安心して快適に楽しめる本来の海水浴場」を取り戻す為、マナーアップを訴えるプロジェクトです。

各海水浴場でイベントなどを通じて、海水浴客にマナーアップを呼びかけていきます。

続いて期間中事故がないよう、神事がとり行われました。

IMG_20160702_100624

葉山の海岸は森戸、一色海岸が7月2日〜8月28日まで、

長者ヶ崎、大浜海水浴場が7月9日〜8月28日までが海水浴期間となっています。

続いて葉山町立図書館2階で開催された「葉山まちづくり展」にお邪魔しました。

IMG_20160702_104122

IMG_20160702_104152

今回のテーマは「自然災害から命を守ろう」

22の町民団体が日頃の活動をパネル等に展示していました。

IMG_20160702_104237

会場内はパネルを見ながら説明を受けたり、熱心に見学する方々が沢山いらっしゃいました。

IMG_20160702_104656

大正関東大震災時の葉山町(当時は葉山村)の様子。撮影が禁止されていた葉山では、当時の写真がほとんど残っていないそうですが、

御用邸の崩れた塀や橋げたが傾いた森戸橋など貴重な写真の展示もありました。

平成27年の神奈川県の津波浸水想定における最悪のケースでは、最大津波高さ(相模トラフ大震災発生時)葉山町は約10mと想定されています。到達予想時間は7分です。

災害はいつ、どのようなかたちで起こるか分かりません。

災害時、避難場所はどこか、命を守る為に必要な知識を持ち、日頃から備えておくことが大切です。

Comments are closed.