逗子葉山だいすきマップ 近藤だいすけが生まれ育った逗子葉山の魅力を紹介します!

8月
23日

小坪漁港は逗子市内唯一の漁港であり、その歴史は鎌倉時代から続いていると言われています。

(なんでも源頼朝が妾の亀の前をこの地に住まわせていたとか。。)

小坪という地名は、周辺から隔絶された小さな土地(湾)だったことが、地名の由来とされています。

山の斜面に家が立ち並ぶ風景は、どことなく南イタリアと似てる?気がします。

IMG_6014

山側の住宅は狭い小路が多く、古い漁港の雰囲気漂う町並みが広がります。

IMG_6017

歩いていると井戸が多い事に気づきました。町の風景に溶け込む井戸、趣がありますね。

こちらは「殿の井」という井戸で、現在も生活用水として使用されており、災害対策用指定井戸にも登録されています。

IMG_6011

漁港の町は猫が多い。人懐っこくてどこかのんびりしていますね。

夕日を浴びて気持ちが良さそう。

IMG_6020

「天照大神社」見て下さい、この階段!怯んだものの、気合をいれて登りました!

IMG_6006

社殿には太陽が降り注ぎ、心地良い風が通り抜けます。

IMG_6001

複雑に入り組んだ坂を登り切ると、

IMG_6009

急に景色が変わり、大崎公園の脇道に出ました。

この周辺は披露山庭園住宅です。

(私は小学校の時に社会で、電柱のない高級住宅街と教わったのが、とても記憶に残っています)

IMG_5999

どこかノスタルジックな雰囲気の小坪の町並みと、披露山住宅とのこのギャップ。

逗子って懐が深くて、面白い町だなぁ〜と改めて思いました!

ギャップと言えば、鎌倉側にある逗子マリーナの景色も。

ヨットハーバーに道沿いに立ち並ぶヤシの木。

こちらも異国情緒たっぷり。ここから見る夕日は最高ですよ!

ぜひこの景色を皆さんにも見ていただきたいです。

IMG_6031

コメントは受け付けていません。